Statement

触覚的に風景や対象を捉えられる瞬間があります。主客が曖昧になるような、没入感にも近いこの感覚は私の中に非常に生っぽい印象を残します

この印象を記憶するためにドローイングという手段で視覚化し、その形に漆を重ねることで触感の記憶を反芻し、留めています。

漆という流動性がありながらも永続的で静的な側面も持つ素材と、ドローイングから生まれる刹那的で動的な要素を混在させることで今目の前にある景色が時間の積層のなかにある瞬間であることを想起させ、今という時間(時代)とどう対峙するのかを問いかけます。

 


 

The moments in which my vision captures a landscape or object leaves a tactile visceral response in me—immersive moments in which the boundaries between myself and the world—between subject and object—begin to blur. 

In order to crystallize this response, I visualize it through drawing, sculpting and applying layers of urushi (Japanese lacquer)—ruminating and capturing the visceral moment of vision.

Utilizing the ancient material of urushi for its permanence and static viscosity, I juxtapose it with time’s ephemeral and ever-moving nature to remind viewers that the landscape before us now is only but a fleeting moment in the layers of time.